top of page
  • 執筆者の写真SELF RETREAT

セルフリトリート時間を作る為の3つのコツ

皆さん、こんにちは。

セルフリトリート®︎

マスターインストラクターのHinataです。




体や心が忙しい時ほど必要な、

セルフリトリートの時間。


自分と向き合う時間を、

どれくらい作れていますか?




自分のための時間が大切だと

分かっていても、自分の時間を作ることを

難しく感じてしまうこともあると思います。


今日は、忙しい日々から抜け出して

より有意義な

セルフリトリート時間を作るために



私が実践している

「3つのコツ」をご紹介します。


1: 計画を立てる

- 時間を確保しよう




セルフリトリートを行うためには、

まず計画的に、

時間を確保することが必要です。



時間は探しても見つからないし、

待っていてもやってきません。



忙しいかも知れませんが、

まずは思い切って

1時間〜半日程度、

自分の為の時間を作ります。

(もちろん、それ以上でもOK!)


その時間はあなた自身への投資です。



カレンダーに予定を入れ、

他の予定と重ならないようにしましょう。

2: スマホの電源を切る

- デジタルデトックス



セルフリトリートの時間には、

スマートフォンやデジタルデバイスから

離れることで、

ワークに集中しやすくなります。


電子機器がない環境を作り、

心地よい静けさを楽しみましょう。



SNSや無駄な刺激から

解放されることで、

リラックス状態を保つことができます。

3: 心地よい環境を整える

- 五感を活かす



セルフリトリートのためには、

心地よい環境を

整えることもポイントです。

静かな場所や柔らかな照明、

ハーブティーや

お気に入りのアロマ、

音楽を取り入れてみてください。

五感を刺激する要素を

取り入れることで、

より深いリラックスと

癒しを感じることができます。



以上のように、

①計画を立てて時間を確保し

②デジタルデバイスを遠ざけ

③心地よい環境を整えること


で、セルフリトリートの効果を

最大限に引き出すことが

できると感じています。



準備ができたら、テキストを開いて

お気に入りのノートや手帳と一緒に

ワークを進めていきます。 日々の喧騒から離れて、

自分自身に集中する

心地よい

癒しのひとときを楽しみましょう。




最後に セルフリトリートは、

特別な場所や時間、

お金を必要とするものではありません。



必要なのは少しの時間と、

自分を大切にしたいという気持ち。


まずは1時間、

いや、30分でもいいです。


日常の中に

セルフリトリートを加えてみましょう。

セルフリトリートで

得られる7つの効果は下記の通り。


=セルフリトリート7つの効果=

1.自分の棚卸しができ、心と体が身軽になる

2.優先順位が明確になり、生きる活力が増す

3.日々のパフォーマンスが上がり、

 効率的に動けるようになる

4.自分のことがよく分かるようになり、

 軸が定まる

5.深いリラックスとリフレッシュができる

6.健康になり、そして美しくなる

7.常に愛と感謝にあふれ、

 チャンスを引き寄せやすくなる


最近セルフリトリートができていないなぁ、とか

まだ取り組んだことがないけどやってみたい!

という方にとって少しでも

参考になれば嬉しいです。


一人だとまだうまく自分と向き合えない、

やり方がわからない、という方は

全国のインストラクターの講座も

ぜひ受けてみてください。

〈インストラクター一覧はこちら〉



この記事を見てセルフリトリートdayを

決めたという方は、

ぜひ教えてくださいね! それではまた。

Hinata

インスタグラム



インストラクター養成講座




bottom of page