• SELF RETREAT

【セルフリトリート体験レポート】岡野真由美

更新日:11月16日

こんにちは!

セルフリトリート

マスターインストラクターの岡野真由美です。

本日は私が実際にセルフリトリートを行った際の

気づきをシェアしたいと思います。





これまで何度も行ってきたセルフリトリートですが、

今回は私が知らずのうちに避けてきてしまった

#1[PHYSICAL]を中心にメニューを組みました。


同時に4日間、大きな予定を入れずに

スープ&お粥クレンズを行ったのですが

この食と向き合うきっかけが

自分と向き合うセルフリトリートに

とてもマッチしていて

たくさんの気づきを得ることができたのです。


一番大きな気づきは

『自分にとって本当に必要な物は


意外と少なくて、シンプルである』

と言うことです。


大好きでほぼ毎日欠かせなかった

小麦の焼き菓子やパン、

牛乳たっぷりのカフェラテから離れて

ごくシンプルな無添加のお粥と

スープで過ごすことは全く苦痛ではなく

むしろ、人ってこの量の食べ物で

空腹を感じずに生きることが出来るんだ!

という驚きの方が大きかったのです。


ということは、いかに今まで

無意識レベルで

生命維持に必要な栄養素ではない

嗜好品に溢れた生活をしていたか、

P39/40の学びが

体感レベルで腹落ちした瞬間でした。


これは食事だけでなく、

私はふと家の中を見渡した時にも

同じことを感じたのです。


『自分にとって本当に必要な物は

意外と少なくて、シンプルである』







ただなんとなく買った流行りのお洋服、

頂いて使ってもいない食器棚のカップや食器達。

これって私が私らしく生きていくために本当に必要?


私にとって食べ物が飽和していたという気づきは、

家の中の飽和の気づきにも結びつきました。


と同時に#5[HOME]のワークをする中で、

今の私がなりたい私のお洋服や家のインテリアは

どんなコンセプトなのだろうと、

久しぶりに

なりたい私について考える時間にもなりました。


ただ家にあるからと惰性で着ていたお洋服、

zoomの背景に映り込んでしまうからと

移動させてそのままにしていた棚。

感覚が鋭くなったのか、

一気に違和感を感じてしまったのです。


そこで今の私の価値観について

掘り下げるマインドマップと

#2[MIND]

のワークを一緒に行い

自分の価値観を再確認した上で、

住みたい家・着たい服など

自分を取り巻く環境を考えることが出来ました。




そしてこれは、食べものや、物や服など、

目に見える物質的なものだけでなく

#4[RELATION]や#3[TIME]にも繋がり、

ワークを進める中で

どんどん自分自身の思考や

感情が身軽にシンプルになっていくことを体感しました。


『自分にとって本当に必要な物は

意外と少なくて、シンプルである』


この答えが出た時に、

今ある本当に大切なものや人に対して

感謝の気持ちが溢れ出たことに

自分自身でも驚きました。


まさに今回のセルフリトリートの

集大成として自然と

#7[SPIRIT]に繋がっていったのです。


セルフリトリートのワークや学びは、

全てが繋がっているということ、

そしてこの本1冊に全ての必要な要素が

詰まっているということを改めて体感し

P8/9の7つの効果を心の底から感じた

4日間となりました。


セルフリトリートを通して

得られる気づきは人それぞれ!

ぜひこの素晴らしいメソッドを

あなたも体感してみて下さい。





※文中のページ数表記は長谷川エレナ朋美著

『自分と丁寧に向き合う週末セルフリトリート』の該当ページです




セルフリトリートマスターインストラクー

岡野真由美リンク集

https://lit.link/mayumiokano




▶︎みんなで気づきをシェアしよう!

『セルフリトリートワークノート4週間体感LINEグループ』

https://peraichi.com/landing_pages/view/selfretreatlg



▶︎あなたも伝えられる人に。

『セルフリトリートインストラクター養成講座』

https://peraichi.com/landing_pages/view/selfretreatmayumi